t*chou chou

あの日から

ご無沙汰しています。

あの大地震から明日で3週間。
被災地の映像をテレビで見ていて、胸が痛くなり、何をしても申し訳ない気持ちで過ごしていたりもしました。
やっとブログを更新する気持ちになりました。

多くの犠牲者の方々、心よりご冥福をお祈り申し上げます。
1日も早く元の生活に向けて復旧しますように・・・









3月11日 地震があった時間は息子が幼稚園から帰る時間だったので自転車でバス停へ向かっていました。
空を見上げたら黒っぽい雲が急に空を覆ってきたので雨が降るのかな?と見ていたら、電線がゆらゆら揺れてる・・・
あれ?自転車もなんかフラフラするし、近所の家がガタガタ音たててる??
と思った瞬間、もの凄い強い揺れになりました。
バス停に自転車を止めて、しゃがんでいました。
すぐ足元にあったマンホールの穴から水が噴出してきて、とっても怖かったです。
今まで経験した事のない大きな長い揺れに、かなり動揺しました。
こちらの震度は5強でした。

バス停の近くにある運送会社のトラックが駐車場でもの凄く揺れて何台ものトラックがドミノ倒しにでもなるんじゃないか!?っていうぐらい揺れているのを見て、息子が乗ったバスは大丈夫だろうか?と、とっても心配になりました。

バスはいつもより15分も遅れて到着しました。
バスから降りて来た息子は 「ママー!地震だったよ!!」とバスから元気に飛び降りてきた姿を見てとても安心しました。
想像していたよりはバスの中って揺れを大きく感じなかったようです。

夜になってニュースを見ていたら近所の息子が乗っていたバスのコースの道が陥没しているのを見て、とても恐ろしくなりました。
その道を通過した後なのか前なのかは分からなかったけど、もし通過中だったら・・・と思うととても怖いです。

家の状況・・・近所の何件もの家の瓦が崩れ落ちていました。
我が家は2階のテレビが落下してました。
テレビは無事だったけど床がちょっと削れてました。
後は家中の飾り物なんかが落ちたぐらい。

断水・・・断水が終わった後でも赤っぽい水が3日ぐらい出ていました。

夫は電車通勤なので電車で帰宅する事ができず、会社の営業車を同じ帰宅方面の人達と相乗りして2時間半かけて深夜に帰って来ました。

実家の父と妹は都内で仕事中だったので、やはり帰宅できずに歩けるところまでは歩き、母が車で2人を迎えに行ったそうです。
とにかく都内に向かう道も帰りの道も深夜にも関わらず大渋滞で、母は往復6時間も運転したそうです。

翌日からガソリンスタンドの並ぶ列。
うちの車はちょうど地震当日の昼間に満タンにしたばっかりだったので、節約しながら乗っていました。
スーパーではパンや水などの品切れ。
買占め防止の張り紙がたくさん貼ってあったけど、棚はスカスカ状態が続いていました。
今週に入って、やっと元通りになってきました。

計画停電・・・我が家は計画停電の範囲になってますが、なぜだか1度も停電しないんです。
準備して待っていたんだけど・・・なので節電を心掛けています。

毎日テレビで被災地の様子を見ていて、息子を寝かしつけた後なんか3時間は座りっぱなしで動かずテレビ・・・
そんな毎日でした。
なんだか何もやる気が起きない状態。
でも、こんなんじゃだめだ!と思い、まずはミシン部屋の整理をし始めると、ちょっとずつだけど意欲が出てきました。

幸い、息子はいつも通りの様子で元気に過ごしているのでよかったです。
お友達の中には、地震のトラウマ?で少しの揺れ(余震)でも泣いてしまう子もいます。

今、私にできる事・・・なるべく普段通りに生活できるところはしようと思ってます。
あとは節電と募金ですね。

ブログを更新したり、遊んだり、ミシンを動かしたり・・・いろいろな事に罪悪感を持ってしまったりもしたけど、被災地の早い復興を祈りながら、毎日を大切に過ごしたいと思います。

地震前に作ってあったバッグや息子服は後日アップしようと思います。
[PR]
by tomo3-kyt | 2011-03-31 21:09 | 暮らし
<< 別れ フライングキャップとニット帽 >>